Mech News Blog

機械工学科に関する最新の活動状況などを発信する情報サイト

日本機械学会2017年度年次大会

 振動音響工学研究室に所属の修士1年生 荒巻 聖 君が,日本機械学会2017年度年次大会(埼玉,9/3〜6)に参加し,「接触を有する機械構造物のFEMを用いたモデル構築に関する研究」を講演しました.

荒巻君 講演発表
講演発表する荒巻君
卒業研究&研究活動
author : mechstaff | - | -

日本機械学会第27回環境工学シンポジウム2017

 振動音響工学研究室に所属の修士1年生 並川修平君が,日本機械学会第27回環境工学シンポジウム2017(静岡,7/10〜12)に参加し,「FEMを援用した実験SEAモデル構築における構造加振法に関する研究」を講演しました.
卒業研究&研究活動
author : mechstaff | - | -

NHK学生ロボコン2017

6月11日(日)に東京・大田区総合体育館で開催された「NHK学生ロボコン2017」に,NiAS夢工房に所属する機械工学コースの学部生2名が選手およびピットクルーとして出場しました.

約10ヶ月かけてロボットを製作し,練習に励んできました.結果は,予選リーグは1勝1敗で3チームが並んだのですが,残念ながら得点差で決勝トーナメント進出はかないませんでした.ただし,来年の大会での予選リーグ突破への手応えは感じました.


出場選手・ピットクルー
出場選手・ピットクルー


競技中
競技中の選手達


調整中
ロボットを調整するピットクルー達
その他
author : mechstaff | - | -

2017年度フォーラム研修旅行

5月12日(金)に,1年生がフォーラム研修旅行に行きました.

行き先は九州電力の玄海原子力発電所(玄海エネルギーパーク),および松浦発電所(火力発電所).

それぞれの発電方式の特徴などの説明を受け,実際の発電設備を見学しました.

学生達は興味深そうに見学していました.


集合写真
玄海エネルギーパーク玄関ホールにて

原子炉模型前(玄海エネルギーパーク内)にて
原子炉模型前(玄海エネルギーパーク内)にて

松浦発電所概要説明
松浦発電所の説明を受けています

松浦発電所見学
松浦発電所ボイラー模型前にて
学科関連イベント
author : mechstaff | - | -

九州電力による特別講義を開催しました

5月10日(水)に,九州電力による特別講義を開催しました.

九州電力長崎支社の溝添真也様を講師としてお招きし,「電力安定供給の取組みについて」と題して,1年生に対して講義していただきました.

5月12日(金)のフォーラム研修旅行において,火力発電所と原子力発電所を見学する予定ですが,その事前準備として,両者の違いも学びました.

また,各種発電方式の特徴や,再生可能エネルギー利用の現状を学ぶとともに,電力事情の近況についても学びました.

さらに,教材を使用して,発電の仕組みを実際に体験しました.
学生はみな,楽しみながら取り組んでいました.


講義
講義の様子

体験
発電の仕組みの体験
学科関連イベント
author : mechstaff | - | -

振動音響工学研究室

教授 黒田 勝彦

■ 統計的エネルギー解析法(SEA)を用いた振動騒音源の同定
および低減方法に関する研究


 可聴音である20から20kHzの周波数に対応する振動騒音解析を実現するため、従来検討されてきたモード解析に代わる、SEAを用いた研究を行っています。本手法は、空間と周波数平均を行うため、従来法に比較してロバスト性があり、ランダムな入力や機械製品の個体差にも十分対応できる解析方法です。
 また、実験や有限要素法を組み合わせることで、低周波数の振動騒音問題にも対応が可能です。
 さらに、最適化法を組み合わせた解析技術も完了しており、振動騒音の低減化された究極な構造をもつ機械製品(船舶、自動車、OA機器等)を生み出すことも夢ではありません。

■ 伝達経路解析を用いた入力同定と伝達寄与に関する研究


 主に自動車分野で利用されている伝達経路解析による入力同定と伝達寄与結果の精度向上や利用方法に関する研究を行っています。
 また、伝達経路解析の結果と統計的エネルギー解析法の結果を比較することで、両手法のロバスト性や結果の精度向上に関しても研究を進めています。

■ 有限要素法を用いた振動騒音解析


 有限要素法を用いた機械構造物の振動騒音解析(シミュレーション)を実施しています。
 また、SEAや伝達経路解析を併用した計算も行っています。使用CAEソフトはANSYS、VA-Oneです。


最適化1
既製品の構造を最適化した結果(○が穴を開ける箇所)

適用例1
最適化結果を具体化した構造


機械構造物の入力源と伝達寄与に関する研究は、平成25年度競輪補助事業により実施

振動エネルギー流れに注目した最適設計の研究開発は、平成27年度競輪補助事業により実施

機械構造物の入力パワーの変動を考慮した高精度の音圧予測手法の開発は、平成29年度競輪補助事業により実施

キーワード
振動騒音解析/統計的エネルギー解析法(SEA)/エネルギーフローモデル/伝達経路解析/入力パワー/有限要素解析/構造最適化/モデル化

keirin1 keirin2
研究室紹介
author : mechstaff | - | -

2017年度 長崎総合科学大学 入学式

4月2日(日),ほぼ咲きそろった桜の下,2017年度 長崎総合科学大学 入学式が執り行われました.

全体の入学式のあと,各コースに分かれて新入生のオリエンテーションが行われました.本年度機械工学コースへは,十数年ぶりの女子学生3名を含め,計29名の新入生が入学しました.

オリエンテーションでは,大学での学びや生活,大学生としての心構え等についての説明がありました.

新入生にとっては初めての環境でまだまだ戸惑っているようでしたが,これからの4年間が有意義であるよう,教職員一同が願っています.


正門看板
正門前看板

会場前看板
入学式式場看板


オリエンテーション
機械工学コースオリエンテーションの様子
学科関連イベント
author : mechstaff | - | -

2016年度 長崎総合科学大学 卒業式

3/18(土),2016年度の卒業式が執り行われました.

最初に体育館で大学全体の卒業式が執り行われ,その後,各学科毎の卒業式が執り行われました.
全体の卒業式では,本学科の修士修了生1名が修了生代表として,また,学部卒業生1名が学科代表として学会表彰されました.


大学院修士課程修了生2名,学部卒業生21名,計23名が元気に巣立って行きました(21名中6名は本学大学院進学).
なお学部卒業生21名中12名がJABEEコース修了と認定されました.

皆さんご卒業おめでとうございます.

機械工学科教職員一同,皆さんの今後のご活躍を心からお祈り申し上げます.


横山.jpg

全体卒業式.jpg
全体卒業式で学会表彰を受ける本学科卒業生


卒業証書.jpg
学科での卒業式


JABEE修了証.jpg
JABEE修了証授与
学科関連イベント
author : mechstaff | - | -

日本機械学会九州支部総会・講演会に参加しました

2017年3月14日(火),佐賀大学理工学部で開催された
日本機械学会 九州支部 第70期 総会・講演会に参加しました.

講演会では,

・熱工学バイオマス研究室所属の修士2年生 横山裕樹君

・振動音響工学研究室所属の4年生 荒巻聖君

の2人が講演発表を行いました.
研究の成果を堂々と発表していました.

総会では,本機械工学科が学生会員の増強に貢献したとして表彰され,
黒田教授が本学科を代表して表彰状を受け取りました.


荒巻君発表
講演発表する荒巻君


学会表彰
いただいた表彰状
卒業研究&研究活動
author : mechstaff | - | -

日本機械学会 九州学生会 第48回学生員卒業研究発表講演会

2017年3月3日(金),琉球大学で開催された
日本機械学会 九州学生会 第48回学生員卒業研究発表講演会にて,

・熱工学バイオマス研究室所属の4年生 松田啓希君

・振動音響工学研究室所属の4年生 並川修平君

の2人が研究発表を行いました.
この1年間の研究の成果を堂々と発表していました.


DSCF2945.jpg
研究発表する並川君
卒業研究&研究活動
author : mechstaff | - | -